FC2ブログ

1986年の「ひざげり」-1

もう50代半ばも近くなり記憶もあやふやになって来た。
そろそろ過去の記憶を整理しておこう。

1986年3月
高校卒業。暗い高校生活だった。

1986年4月
就職。2社落ちて3社目になんとか拾ってもらった感じ。

1社目は会社訪問での感触良く先方から「ぜひ受けさせてください!」と連絡が来たそうだが本番の面接でビビッてしまって、先の連絡をくれた方々は推してくださったそうだが、この年は高卒の男子は一人しかとらず撃沈。
引っ込み思案の自分には珍しく昼飯の時、同じ高校生男子に声かけて一緒に食べた。彼が受かったのだろうか?
推してくれただけあって当日連絡くれた。高卒は職安経由で1社ずつしか受けられないから不合格の連絡は早い方が良いので。

2社目はすでにうちの高校から男女1名ずつ受けることが決まっていた水産系の会社。もう一人受けさせてと言われてそこに俺が乗っかった形。
当日、3人で待ち合わせたらもう一人の男子が来ない。こいつは同じクラスのI。
結局、Iの所為でギリギリになってしまった。昼休みに食事に行く際に採用担当の暗いおじさんに時間に余裕をもって戻るように言われた。
で、俺だけが落ちた。最初から男女一人ずつしか取る気なかったんだな。酷い会社だ。採用担当の人が声が小さくて何言っているか分からなかったし、水産って言っても捕鯨関係だったし、受からなくて良かったのかも。

3社目が今でもいる会社。こっちは同じ高校の女子、Eさんが既に受かっていて、Eさんが評判良かったので男子もと言われそれに救われた感じ。
Eさんは高校時代は全然、知らなくて(女子が男子の5倍近くいたから)卒業アルバムで顔を確認したくらい。
入社しても配属場所が違った関係で数年はまともに話さなかった。

入社試験は適当な簿記の問題と作文だった。
簿記は得意なので楽勝。作文は「自分の夢」がテーマだった。特に夢も何もないので、夢を持つのが自分の夢的なことを書いた。
バブル前だったので昼飯はプラスチックの容器の仕出し弁当だった(バブル入社のやつらはすき焼きとかに連れて行って貰ってた)。
同期のIBがこの時に俺が必死に作文を書いていたと後にからかってきたが、試験に必死になるのがなんでおかしいのか?
こいつは経理の仕事のことも「女の仕事(を男がしている)」とからかって来たりデリカシーの無い奴だった。
後にIBは本人の結婚式の二次会の胴上げ時に路上でパンツを脱がされてひと悶着あった。因みに犯人は俺では無い。

入社式は4月1日。
会場に入るとなんか仲良さげにしている人がちらほらと。地方から来た同期は前泊して飲みに行って既に顔見知りになっていたのだ。
高校時代の二の舞だけは踏みたくない俺は仲間には入っていけないものの笑顔で居るようにした。後に同期のOSさんに「ニヤニヤして気持ち悪い奴だと思った。」と酷いことを言われたが。
今じゃ考えられないが当時は入社式で未成年にもビールを飲ませていた。就職したら未成年でも大人扱い。
同期のHの事は俺と中学が一緒だったSTに聞いて知っていたので話しかけたら変に尖った対応をされた。

翌日の、築地で施設見学をした後、そのまま男子はバスで守谷工場の寮へ。女子はそれぞれの配属先へ。茨城、東京に配属された女子意外とはそれっきり会うことは無かった。
男子だけ3ヶ月茨城工場で研修を受けるのだ。男女雇用機会均等法施行された年なので、募集・採用、配置および昇進について女子を男子と均等に扱うのはまだ努力義務だったのだ。

俺は一人暮らしをするのも東京以外に住むのも初めてだった。
夜7時には街灯が少ないため真っ暗になることに驚いた。
最寄りのコンビニに行くのに徒歩だと買い物時間を含めて一時間近くかかった。
田舎はイヤだと本気で思った。
なので週末ごとに家に帰っていた。洗濯物を持って。
恥ずかしながら当時は洗濯機の使い方が分からず、同期に聞くのもなんか恥ずかしくて嫌だった。
当時、土曜日は隔週休みだった。
週末に実家で食事してテレビを観てマンガを読んでいるのが幸せだった。
日曜日の晩飯を食べてから寮に戻る道のりがとても寂しかった。


スポンサーサイト



tag : コラム 年代記

コメントの投稿

非公開コメント

Eさん、その後のゲーリーさんとの関係は?

まだ在職しているのですか?

Re: 1986年の「ひざげり」-1

〉ジャンさん

Eさんとは後には話すようになりました。
同じ部署の別の同期女子と俺が険悪になり、その同期女子が辞めた後に。女子同士は面倒ですからね。

Eさんも結構前に辞めました。
理由は覚えていませんと言うか聞いてないかな?結婚退職では無かったです。
プロフィール

hizageri

  • Author:hizageri
  • 東京都城東地区出身・在住。
    昭和43年生まれ、フリーマン。
    ディズニーランドより秋葉原のほうが好き。
    居酒屋通いは平均、週に4.5日。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

町中華 光栄軒 コラム 鮮菜 秋元屋 休肝日 中華そばみたか 大衆酒場 アキバグルメ 銭湯 高円寺 職場 路麺 七面鳥 四文屋 池ポ 徳萬殿 トークライブ 鳥勝 ハムカツ 堀留屋 一番弁当 うどん mixi 同級生 カーサ・ディ・シバタ 船橋 昼ビー プリン 中野 入院 おかしな人々 コタン 合合 コミケ 太陽 一平 荒川 木彫り面 幸楽 興安園 長崎菜館 まごころ厨房 とくや 増やま 二郎 麺家きむら ふくよし 中村屋 みたかや酒場 才谷屋 結構人ミルクホール 味楽 ポンチ軒 かどや 通院 しんば あきば 手長エビ 井乃上 魂ネイション もつ焼きじんちゃん iPhone 部屋飲み 孤独のグルメ どさん子娘 十条 天王 呑者家 華蔵  宝来軒 西荻窪 たきおか 謎の女 アンダー 仮面ライダー 町中華探検隊 アーモンド ラ・コパ 上野 UWF はやふね食堂 病院 年代記 好波 お山の大将 資料性博覧会 晩杯屋 めんや プティコック サンボ 同人誌 ジンギスカン 高田馬場 国分寺 ジャポネ スーパーロボット魂 タイイサーン ラーメンショップ アキバ 中野サンプラザ 空手 からしや 良男 斉藤由貴 アミーゴ 野方 ラーメン太楼 浦安 コメダ珈琲店 南海 赤羽 立会川 本八幡 秋葉原 SRS 文学フリマ おもしろ同人誌バザール 境界性人格障害 渋谷 サンマ 小岩 ブラックデビル 馬場南海 魂フィーチャーズ 元華 スマホ 吉祥寺 猿会 万平 タロー軒 清龍 阿佐ヶ谷ロフトA ジョンナム 荻窪 さくら 大阪王将 平井 清瀧 S.I.C 丸松 美味しかったもの 仙臺 民華 川崎 かいざん 方南町 蛭子能収 更科 阿佐ヶ谷 久住昌之 金ちゃん 元祖寿司 豊田屋 青島食堂 大同苑 ホープ麺亭 ウズベキスタン S.I.C 仙台や 吉祥苑 浅草 新橋 キッチンABC コクテイル 神保町 まんてん 八広 ほりうち 中華タカノ 根本敬 天竜 ハルピン 代一元 来集軒 やまだ 伸幸 江戸川ラーメン 信濃路 わらび食堂 鳥春 少林寺拳法 もつ焼きでん 鶯谷 ラーメン 葛西 ビックラーメン もつ焼き さえきくん 納豆ラーメン カーサディシバタ 洋食 やっちゃばフェス 尾崎豊 ガンダム 博物ふぇすてぃばる キッチン竹乃子 福々亭 エンドレス 中野ブロードウェイ 福与志 つくつくぼうし 大興 万福 御利益 かんだ食堂 富士川食堂 斎藤酒場 ヤシロ食堂 自転車 ポポラマーマ 西船橋 大和水産 大林 魚仁 三鷹 萬来軒 篠崎 鐘ヶ淵 ミクロマン 加賀屋 アッサム ラーメン亭 ロフトプラスワン 馬越 キチムシ 十八番 宝家 一寸亭 新宿 あさひ 丸千葉 CFワンタン じゅぼう 新福菜館 有楽町 森口博子 ウッチャン 武蔵小山 ジャンクガレッジ 味の横綱 過橋米線 ワンフェス グルコミ ブラウニー さんきち 風間三姉妹 銚子屋 葛西橋 牙狼 神保町フェスティバル 健康診断 映画 研修旅行 ダイアクロン 下総中山 送別会 路面 胆嚢 キッチンユー早苗 つるや ふく庵 ブログ リンク 台風 ラーメン髭 アメリカン ラーメンエイト 立呑屋 ながしま 立ち食いそば 東京園 松本零士 宝亭 チャンポン 宝香 焼肉 はりや サブカル ビアガーデン 煮込み ソフビ サブウェイ 天下一 マクラウド トミケット 丼太郎 キックボクシング 三河島 行徳 華宴 タブレット なか卯 キッチンニュー早苗 カネス カレー 松屋 味楽来 鶴の恩返し 出張 寅屋  職場人びと 書記長 ポポ ますだ 弁慶 山城屋酒場 興安亭 洋包丁 アメイジング商店街 ときわ 鴨to葱 泉晴紀 みうらじゅん 丸好酒場 ニュー早苗 買い物 キッチン早苗 七福 銀座 宝楽 夢の屋 レプタイル 豊洲 先勝 熊公 モミジ 丸五 藤九郎 交通飯店 えびす コウケツのグルメ 田や エッセイ 中華レストラン太郎 遠州屋 丸大ホール さぼうる2 酒のほそ道 中華や ジョジョ バッカス 池袋 千葉市 だるま 紫苑 東長崎 人格障害 中華三番 みつば 食堂 HSP  吉祥寺音楽祭 鳥田中 大露路 のほほん 喜多八 タイ料理 レプタイルズ どさん子 茶楼 喜楽 キッチン南海 食レポ ちんとう アキバレンジャー 丸鶴 ガンプラ ふじもと コッペパン ミッキー飯店 福よし 大盛軒 くりから 食べログ 中井 味利 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク