FC2ブログ

鳥勝での飲りかた。

鳥勝の話題が出たので、この店での飲み方指南的なことをまとめてみよう。

1.入店までの準備。

 平日勤務している人ならまず、土曜日に行くことが多いだろう。
 テレビなどに何度も出ているので土曜日は常連に加え新規客で開店前に行列が出来る(平日は並んでも数名)。
 土曜日のみ16時開店だ。
 確実に入りたかったら開店の1時間前には並んだ方が良い。
 周りに公衆トイレ等は無いので1時間以上トイレを我慢できるように体調を調整しよう。
 いざ並んでみるとそんなに人並んで無いじゃんと思うかも知れないが、ここの開店待機列はお店は全く関与していないのでルールは無し。地域性なのかなんなのか後から連れが合流する横入りが非常に多い。
 酷い時は1人に3人合流したりして、1時間以上並んで待ったのに自分の前に10数人横入りがあり、ギリギリ席が確保できたというときもあった。
 店の前は運河沿いの狭い一本道でさらに一方通行では無いので、店に沿って1列に並ぼう。グループで来ているとどうしても輪になったりし勝ちだが危ない。
 言うまでもないが隣のお宅、アパートの出入り口は塞がないように並ぼう。
 なお、平日(16時半開店)でも30分くらいで満席になることも多い。


2.開店したら。

 開店時間になったらマスターが暖簾を出しに来る。
 これが前の方に並んでいる人には当たりそうになるので気をつけよう。
 この時にマスターが郵便受けに手を入れて「あれ?1千万円入ってないな?」とボケるのはお約束。
 たまに暖簾を持ったまま後退して店内に戻るふりもするので笑ってあげよう。
 さて、先頭から順番に入ったらまず席を確保するのが大事。
 兎に角どこでもいいから空いている席に座ること。
 ぐずぐずしていると前の方は後から来る仲間の分の席確保もあり一杯で、え?と思い後を振り返ったら後から入った客で満席なんてこともある。
 テーブルに相席は当たり前なので、遠慮せずに「ここ空いてますか?」と聞こう。
 先の10数人割り込まれた時は6人席に5人で座っているグループに相席させてもらった。


3.席を確保したら。

 席を確保したら一安心、カウンターの中央と製氷機の上におしぼりがあるので自分で取ろう。
 これは台拭きでは無いので汚れたテーブルを拭くときには使わないように。おかあさんが嫌がる。
 そしてカウンターの端にあるメモ紙と鉛筆を取り、注文したい食べ物を書こう。
 文字は大きめに書く方が良い。50歳過ぎると分かると思うが小さい字だとお店の人が見づらいから。
 書いたらお店の人に渡しながら飲み物も頼もう。


4.注文品。

 お勧めは、もつ煮込み、生野菜、ガツ刺し、ハラミ焼き。それと串焼き各種。
 二人以上だったら煮込み豆腐(豆腐と野菜にもつ煮込みをかけて煮立たせたもの)、生野菜はダブルに。生野菜にガツ刺しを載せることも出来る。
 テーブル席に座ると焼肉も出来る。焼肉のハラミはこの店ダントツの値段だけあって凄く美味い。
 一度に沢山頼むとお店も大変だし置く場所にも困るので、一人なら煮込み、生野菜、もつ刺し、串焼き3本くらいが適当。
 ハラミステーキなどは第二段で注文しよう。
 食べ物は大体 もつ煮込み > 生野菜、もつ刺 > 串焼き > その他 の順で出てくる。特に焼肉は開店時に注文しても1時間くらいはかかるので気長に待とう。
 串焼きのタレ、塩指定や種類が間違ってくるのはご愛嬌。それも味だと思って素直に受け入れよう。
 飲み物のお勧めはレモンサワー。何も言わなければダブルになる。
 ダイヤ焼酎のボトルは1升で2,000円と格安だが、キープ期間が1ヶ月と短い上にお店にスペースが無いので新規キープは難しい。運よく、たまたま場所が空いていたらキープできる。


5.その他

 飲み物のお代わり(ビール以外)の時には自分で製氷機の氷を入れてからお店の人にお代わりを頼もう。
 最初は自分でそこまでして良いのかって思うけど、これはお店の人が助かるのでむしろ感謝される。
 割り物が残っている場合はナカ(焼酎)だけのお代わりも出来る。
 冷蔵庫に貼ってあるその日だけのメニューはすぐに売り切れるので食べたかったら即注文しよう。
 今まで食べた中で特に美味しいと思ったのは、ハラミアブラとリンゴサラダ。
 空いたビンは製氷機横のケースに自分でしまおう。
 営業時間が短いし、後から後からお客さんが来るので、飲み食いが終わったらとっとと帰ろう。
 お釣りの細かいのを遠慮するとお母さんに「あらお金持ち」と言われてちょっと嬉しい気分になる。
 
以上





 
スポンサーサイト



tag : コラム 鳥勝

コメントの投稿

非公開コメント

マスター、そんなギャグやったりするんですね。意外です。

あぁ、「鳥勝」行きたくなりました。

Re: タイトルなし

> マスター、そんなギャグやったりするんですね。意外です。

意外とギャグやりますよ。
鳥勝、割り込みさえなければねぇ。
プロフィール

hizageri

  • Author:hizageri
  • 東京都城東地区出身・在住。
    昭和43年生まれ、フリーマン。
    ディズニーランドより秋葉原のほうが好き。
    居酒屋通いは平均、週に4.5日。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

町中華 鮮菜 光栄軒 コラム 秋元屋 中華そばみたか 大衆酒場 休肝日 銭湯 高円寺 路麺 七面鳥 四文屋 徳萬殿 池ポ トークライブ ハムカツ 鳥勝 堀留屋 カーサ・ディ・シバタ うどん mixi 同級生 昼ビー 船橋 プリン 入院 コタン 合合 コミケ 荒川 太陽 幸楽 おかしな人々 まごころ厨房 長崎菜館 とくや 一平 麺家きむら 二郎 木彫り面 中村屋 才谷屋 増やま しんば ふくよし 結構人ミルクホール みたかや酒場 味楽 ポンチ軒 手長エビ 十条 あきば 魂ネイション 呑者家 井乃上 孤独のグルメ もつ焼きじんちゃん iPhone  たきおか 天王 かどや 西荻窪 町中華探検隊 宝来軒 はやふね食堂 アンダー どさん子娘 アーモンド ラ・コパ 晩杯屋 華蔵 上野 仮面ライダー 好波 プティコック 資料性博覧会 謎の女 お山の大将 中野サンプラザ ジャポネ 通院 ジンギスカン 病院 スーパーロボット魂 国分寺 タイイサーン 良男 からしや アキバグルメ 斉藤由貴 アミーゴ 浦安 中野 渋谷 立会川 ブラックデビル 赤羽 小岩 サンボ 魂フィーチャーズ 本八幡 蛭子能収 豊田屋 S.I.C 元華 平井 文学フリマ 大阪王将 猿会 SRS 方南町 さくら 民華 清瀧 更科 清龍 青島食堂 金ちゃん 荻窪 吉祥寺 タロー軒 阿佐ヶ谷ロフトA 美味しかったもの めんや 万平 川崎 斎藤酒場 わらび食堂 博物ふぇすてぃばる エンドレス 洋食 ほりうち 富士川食堂 かんだ食堂 ビックラーメン 伸幸 馬越 アッサム ラーメン亭 ロフトプラスワン 大興 新橋 ハルピン 阿佐ヶ谷 S.I.C 八広 まんてん 鶯谷 もつ焼きでん 代一元 吉祥苑 仙台や 根本敬 ウズベキスタン 来集軒 南海 江戸川ラーメン 高田馬場 ミクロマン 鐘ヶ淵 ヤシロ食堂 万福 御利益 太楼 萬来軒 大同苑 三鷹 鳥春 天竜 中華タカノ ホープ麺亭 丸松 浅草 福々亭 納豆ラーメン 下総中山 ワンフェス ダイアクロン 野方 中華三番 吉祥寺音楽祭 鳥田中 銚子屋 人格障害 中野ブロードウェイ 過橋米線 食堂 くりから 大盛軒 中井 ウッチャン 食べログ ガンダム ミッキー飯店 福よし HSP  茶楼 どんさん子娘 喜楽 研修旅行 みつば どさん子 ラーメンエイト 松本零士 アメリカン 立呑屋 じんちゃん ながしま 宝亭 信濃路 はりや 少林寺拳法 おもしろ同人誌バザール ビアガーデン 焼肉 サブカル 東京園 立ち食いそば 台風 のほほん 大露路 喜多八 コメダ珈琲店 タイ料理 久住昌之 ラーメン髭 チャンポン 泉晴紀 みうらじゅん 宝香 コッペパン レプタイルズ アキバレンジャー 交通飯店 銀座 宝楽 えびす 宝家 ジョジョ 十八番 味の横綱 ジャンクガレッジ さんきち ブラウニー キッチン早苗 七福 グルコミ 一寸亭 キチムシ 中華や エッセイ 酒のほそ道 中華レストラン太郎 神保町 カーサディシバタ コウケツのグルメ さぼうる2 千葉市 丸大ホール バッカス キッチンABC 池袋 味利 だるま 遠州屋 武蔵小山 新宿 魚仁 東長崎 丸鶴 西船橋 CFワンタン 先勝 紫苑 ガンプラ 田や 食レポ 丸千葉 加賀屋 あさひ ちんとう キッチン南海 豊洲 熊公 新福菜館 風間三姉妹 有楽町 コクテイル ニュー早苗 丸好酒場 じゅぼう 森口博子 葛西橋 藤九郎 モミジ 丸五 レプタイル 買い物 夢の屋 ふじもと 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク