FC2ブログ

逃げる痴漢を撮影した動画、足を引っ掛けた男性。

※以下は法律の素人が自分なりに調べて出した見解です。


先日、赤羽駅で女子高生A,BがサラーリーマンAを追いかけ、逃げるサラリーマンAに別のサラリーマンBが足をかけて転ばす動画がTwittreで拡散された。

事の概要は

 女子高生A(あるいはBもしくはC、以下同)にサラリーマンAが複数回に渡り痴漢行為をしていた。

 女子高生Aが女子高生B,Cに協力を求め、当日、痴漢行為を働いたサラリーマンAを捕まえようとしたところ逃げだした。

 女子高生A,BがサラリーマンAを追いかけ(女子高生Cは通報中)、その様子をたまたま居合わせた男子学生A(高校生説もあり)が動画撮影をした。

 逃げるサラリーマンAにたまたまホームに居合わせたサラリーマンBが足を引っかけ転ばせた。

 サラリーマンAはそれでも逃げたが、結局、駅員に捕まった。

 男子学生Aは動画を無修正でTwittreにアップした。

との事だ。

この件に関しWeb上では

 女子高生たちやサラリーマンBを賞賛の声。
 逆に冤罪だったらどうするんだと言う批難の声。

等が湧き上がった。

結局、サラリーマンAは警察で容疑を認めたと報道されたので、冤罪の可能性を主張していた側が責められることになったが、本来、争点はそこでは無いだろう。

痴漢していたのが本当であろうが無かろうが、

 1.サラリーマンBの足掛けによりサラリーマンAをこかした行為は犯罪ではないのか?

 2.男子学生Aの動画を無修正でTwitterに投稿した行為は犯罪ではないのか?

という所だと思う。

1に関してはサラリーマンBが暴行罪あるいは傷害罪にならないか。
ホームを走る人間が駅のホームで転ぶのは非常に危険だ。
動画を見ても危ない!と声を上げてしまいそうだった。

弁護士ドットコムによると、この件は

 犯人を逮捕するのを手助けするための行為

 暴行(足掛け)は逮捕に含まれる

 だから刑法第220条の逮捕罪の問題になる

 本件は刑事訴訟法第212条2項1号の犯人として追呼されているときに該当する

 私人でも現行犯逮捕することが出来るので逮捕行為の一部として適法と考える

 そして常識的な範囲に限って適法なので今回も常識的範囲内だから適法

 したがって逮捕罪は成立しない

との事だ。
この記事、最初は私人逮捕、超法規的判断、勇気に拍手を送りたい。って内容だったけど即日、内容を変えた。
最初の見解は無理筋だったのだろう。
だから私人逮捕だからOKから、逮捕罪にはならないからOKと逆の見方にしたと。

弁護士ドットコムの当初の主張「私人逮捕」だから暴行罪にならない?と考えたらどうなるのだろう?
こちらのサイト「一般人も逮捕ができる私人逮捕|私人逮捕ができる条件と方法」によると


1.犯人が現行犯人、準現行犯人であること

  今回の場合、サラリーマンBは犯行現場を見ていないであろう。したがってサラーリーマンBから見てサラリーマンAは現行犯と言うのは無理がある。

  では準現行犯はというと「準現行犯逮捕とは?
  によれば、一定の要件とは

  ①犯人として追呼されているとき

  とある。
 この時点で難しいのではないか?動画を観る限り「逃げるな!」としか聞こえないのでサラリーマンBが犯人として追呼されていないと言える。(→となると逮捕罪にならない説も崩れるな。)
  他の条件も当てはまらないのではないかな。

サラーリーマンBは位置関係から言って痴漢行為の現場を見ていないであろう。
それなのに女子高生たちの「逃げるな!」の声だけで判断して、危険な足掛け行為に出ているのは軽率だったのではなかろうか。
ましてやあの状況だと重傷を負わせる可能性も高かった。
別にサラリーマンBにケチを付けたいわけじゃなく、法的にリスクがあるということを言いたい。
これを見て俺も協力ししようという気持ちになった人が居たら、暴行罪等に問われる可能性を考えた方が良い。

また2の男子学生Aの行為もその場に居合わせただけで判断し、無修正で動画をアップロードしたので名誉毀損罪になる恐れがある。

こちらのサイト「加害者とならないために知っておきたい、名誉毀損の法的責任と成立要件」を参考にしてみると成立要件を満たしているように思うし、

>①名誉毀損の行為が公共の利害に関する事実に係ること(公共性)
>②専ら公益を図る目的に出たこと(公益目的)
>③摘示された事実が真実であると証明されること(真実性)または③’加害者においてその事実が真実であると信ずるに足りるについて相当の理由があること(真実相当性)

これらを満たして免責になるとも思えない。
なので、ああいった行為は名誉毀損罪になる可能性がそれなりにあると思った方が良い。
証拠としてうんぬんなら所轄の警察署に行って相談すれば良いのだ。


なおサラリーマンAは容疑は認めたとの報道は有ったが、結局、処分保留で釈放された。

処分保留釈放とは





スポンサーサイト



tag : コラム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hizageri

  • Author:hizageri
  • 東京都城東地区出身・在住。
    昭和43年生まれ、フリーマン。
    ディズニーランドより秋葉原のほうが好き。
    居酒屋通いは平均、週に4.5日。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

町中華 光栄軒 鮮菜 コラム 秋元屋 中華そばみたか 休肝日 大衆酒場 アキバグルメ 銭湯 高円寺 路麺 七面鳥 職場 四文屋 徳萬殿 池ポ トークライブ 鳥勝 ハムカツ 堀留屋 mixi 同級生 カーサ・ディ・シバタ うどん 昼ビー 船橋 プリン 入院 コタン 合合 おかしな人々 コミケ 太陽 荒川 木彫り面 幸楽 長崎菜館 まごころ厨房 とくや 一平 麺家きむら 二郎 中村屋 増やま ふくよし 才谷屋 みたかや酒場 かどや 結構人ミルクホール ポンチ軒 味楽 しんば あきば 手長エビ 魂ネイション 井乃上 天王 孤独のグルメ もつ焼きじんちゃん iPhone 十条 呑者家 西荻窪 町中華探検隊 謎の女 宝来軒 たきおか アンダー  仮面ライダー ラ・コパ 通院 アーモンド どさん子娘 上野 はやふね食堂 一番弁当 晩杯屋 華蔵 好波 プティコック 資料性博覧会 お山の大将 中野 病院 スーパーロボット魂 国分寺 空手 ジャポネ 中野サンプラザ めんや ジンギスカン 同人誌 タイイサーン UWF サンボ アキバ 浦安 良男 斉藤由貴 からしや アミーゴ 小岩 赤羽 ブラックデビル ラーメンショップ 立会川 渋谷 サンマ 魂フィーチャーズ コメダ珈琲店 境界性人格障害 本八幡 青島食堂 荻窪 吉祥寺 豊田屋 金ちゃん 万平 平井 川崎 美味しかったもの 元華 方南町 民華 S.I.C 猿会 阿佐ヶ谷 かいざん 大阪王将 タロー軒 さくら 清龍 おもしろ同人誌バザール 蛭子能収 SRS 大同苑 更科 阿佐ヶ谷ロフトA 文学フリマ 清瀧 納豆ラーメン ロフトプラスワン 三鷹 ホープ麺亭 伸幸 萬来軒 丸松 新橋 斎藤酒場 代一元 まんてん 浅草 加賀屋 ミクロマン 吉祥苑 アッサム カーサディシバタ 鐘ヶ淵 ラーメン亭 大興 ほりうち 中野ブロードウェイ 福々亭 中華タカノ 鳥春 キッチン竹乃子 博物ふぇすてぃばる 洋食 八広 エンドレス 根本敬 ウズベキスタン 万福 やっちゃばフェス 太楼 秋葉原 ブログ ハルピン ヤシロ食堂 富士川食堂 仙台や コクテイル ビックラーメン 鶯谷 尾崎豊 S.I.C 江戸川ラーメン 馬越 もつ焼きでん わらび食堂 天竜 来集軒 南海 高田馬場 御利益 かんだ食堂 新福菜館 有楽町 映画 森口博子 牙狼 風間三姉妹 ながしま つるや 福与志 松本零士 ラーメンエイト ふく庵 アメリカン スマホ 胆嚢 ポポ 同僚 書記長 ソフビ キッチンユー早苗 煮込み リンク 立呑屋 じんちゃん ウッチャン 丸千葉 あさひ 東京園 魚仁 神保町フェスティバル 健康診断 過橋米線 銚子屋 路面 送別会 ワンフェス CFワンタン 下総中山 アキバレンジャー ちんとう ガンプラ はりや 丸鶴 キッチン南海 食レポ 中井 食べログ コッペパン ふじもと 東長崎 西船橋 藤九郎 モミジ 丸五 レプタイル チャンポン 焼肉 熊公 少林寺拳法 紫苑 先勝 豊洲 くりから 大盛軒 どさん子 タイ料理 ビアガーデン レプタイルズ 鳥田中 サブカル 喜多八 みうらじゅん 久住昌之 のほほん 大露路 吉祥寺音楽祭 中華三番 茶楼 喜楽 福よし ミッキー飯店 HSP  野方 人格障害 みつば 食堂 夢の屋 買い物 味利 遠州屋 泉晴紀 どんさん子娘 研修旅行 丸大ホール 立ち食いそば エッセイ 中華レストラン太郎 宝亭 ダイアクロン キチムシ 十八番 ブラウニー さんきち 武蔵小山 新宿 じゅぼう 一寸亭 グルコミ 宝家 ガンダム 味の横綱 ジャンクガレッジ 神保町 コウケツのグルメ 台風 ラーメン髭 宝楽 銀座 交通飯店 七福 キッチン早苗 葛西橋 ニュー早苗 宝香 丸好酒場 えびす ジョジョ 千葉市 酒のほそ道 さぼうる2 田や だるま 池袋 中華や 久住正幸 キッチンABC バッカス 信濃路 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク