FC2ブログ

極真会館、分裂前後の動き-2

大分、記憶も曖昧になって来たので極真会館分裂前後の動きをまとめる。その2。
参考資料として「実録!!極真大乱 大山倍達の死と、全国各派の真実」 東邦出版 家髙康彦著 を使わせてもらった。というかほぼ抜粋、書き写し。
太字は自分が書いた部分。

前編はこちら。
極真会館、分裂前後の動き-1


1995年4月7日
家裁にて大山倍達の遺言書は無効との審判が下される。

1995年4月8日
智弥子、恵喜(次女)が記者会見を開き、家裁の審判結果を明らかにする。

1995年4月12日
協議会派が記者会見を開き、遺言書の無効を新たに理由に、再度、松井の館長辞任を要求する。
同日夜、遺族派が館長・智弥子の名で総本部道場をロックアウトするも駆けつけた松井、盧山たちに破られる。

1995年4月13日
遺族派が館長・智弥子と総本部にて記者会見をし松井辞任を要求。
なおこの記者会見中、松井は総本部の3階に居た。

1995年4月20日
恵喜が大山の一年祭に関して松井と話し合う。
恵喜は松井から一年祭は智弥子夫人の個人名で行い自分は主催を降りるという確約を得る。

1995年4月22日前後
郷田勇三名義にて全国の各派支部長に大会統一のための会合開催を告げる文書が届く。
この話合いは流れる。
理由は提案内容が「松井館長になってからの組織図や役員人事などは松井館長を除いて白紙に戻す。」だったからだと思われる。

1995年4月24日~28日
協議会派が連日支部長会議を開き、海外の支部長が中立の立場でこの会議に参加する。

1995年4月25日
総本部で一年祭が行われる。
しかし会場には遺族派、協議会派の支部長も智弥子も姿を見せなかった。上記の郷田の手紙が理由とされた。
恵喜は智弥子の名で執り行われるとの理由で出席する。

1995年4月26日
総本部にて協議会派と遺族派が改めて一年祭を行う。
こちらには智弥子も出席した。
三瓶から松井派に民主化、合議制のもとに和解案が呼びかけられる。
この時に郷田師範が怒って生花を投げ捨てて、そこに居た内弟子の方が争いを悲しみ泣いてしまった写真を格通で観た記憶がある。
そして智弥子夫人は普段着で出席。前日の一年祭に出られないように協議会派と遺族派が連れまわしたためだと某師範が怒っていた。


1995年5月12日
協議会派の提案で松井派と協議会派の幹部クラスの会議が行われるが物別れに終わる。

1995年5月28日
ヨーロッパ選手権の翌日、ヨーロッパ支部長会議に松井がオブザーバーとして出席。この場でヨーロッパ地区支部は松井の二代目就任を正式に承認する。
三瓶をはじめとする数人の協議会派支部長が抗議文を会議会場で配布したが会議自体への出席は拒否される。

1995年6月18日
遺族派は津浦とともに大阪府立体育館で第12回全日本ウェイト制大会を開催する。

1995年6月22日
郷田の呼びかけで松井派と協議会派の会合がもたれるも物別れに終わる。

1995年6月24、25日
有明コロシアムにて松井派による第12回全日本ウェイト制大会が開催される。
この頃、東京都下城南支部は中立の立場を取り、岩崎選手が出場していた。
俺が初めて観た分裂後の大会。観客が少なくて寂しかった。
選手層も重量級以外は薄かった。
観戦中、背中に膝がガツガツ当たるので振り返ったらグラサンかけてウンコ座りして仲間と喋っている後の〇田館長だった。


1995年7月19日
深夜3時ころ協議会派支部長が総本部に乗り込み、宿直をしていた松井派支部長を軟禁し、一時、総本部を占拠した。
翌日午後、警察が間に入り協議会派支部長は引き上げた。
この時、盧山師範がドアのガラスを叩き割り「いけーーー!!」の指令を出し、うちの先生が協議会派支部長(先生から見れば先輩)を追い出すという辛い役割をしたそうだ。意外と素直に出て行ってくれたので、これなら最初から占拠しないで欲しかったと。
このニュースを知った某先輩が稽古後に「あんな奴ら(協議会派)と同じ派閥じゃなくて良かった。」と怒っていた。
今こうやって見直しても、この頃の協議会派は過激で焦りすぎていた感が拭えない。


1995年9月15~17日
協議会派主催の第12回全日本ウェイト制大会が東京ベイNKホールで行われる。
最終日に当時の彼女と観に行ったが台風で大変なことになった。それとは直接関係ないが直後に別れた。
松井派の某師範は「罰が当たった」と言っていたとか。←大会に台風が当たった事。念のため。
この大会は中立の城南支部意外にも松井派からも選手が出ていた(例 田ケ原選手)。松井派の世界大会出場が決まった選手は欠場していた。


1995年9月21日
協議会派は再び総本部占拠にかかるが途中で引き上げる。

1995年11月3~5日
松井派主催の第6回全世界大会が東京体育館で行われる。
優勝八巻建志、準優勝数見肇、3位フランシスコ・フィリョ、4位ギャリー・オニール。
当初、協議会派が押さえたと言っていた世界大会日本代表選手の中から八巻、数見、市村選手が出場した。
格闘技通信は中立と言われていた城南支部から八巻、数見選手が松井派の世界大会に出ることになったことを「逆転ホームランか?」と表紙に書いていた。
何せ世界最強と思わしきフランシスコ・フィリョ選手を始めとするブラジル選手団は松井派に出ることが決まっていたので、こっちの方が世界最強戦にふさわしい感じになったからだ。
あの大分裂から良くここまで盛り返したなと思える大会だった。
何せ城西地区以外の日本選手の中堅どころ以上はごっそり協議会派に行ってしまったので。
分裂直後が世界大会だったのもラッキーだったかも知れない。全日本大会だったらここまで注目されなかっただろう。


つづく


スポンサーサイト



tag : 空手 コラム

極真会館、分裂前後の動き-1

大分、記憶も曖昧になって来たので極真会館分裂前後の動きをまとめる。
参考資料として「実録!!極真大乱 大山倍達の死と、全国各派の真実」 東邦出版 家髙康彦著 を使わせてもらった。というかほぼ抜粋、書き写し。
太字は自分が書いた部分。


1994年4月26日
大山倍達、逝去。

1994年4月27日
告別式にて大山倍達の遺言により、松井章圭が二代目に指名されたと発表される。
この模様は格闘技通信等の雑誌で観た。出棺の際に棺を担ぐ有名選手に混ざって見覚えのない色白の長身の男性が居た。彼は後の名選手 塚本徳臣だった。

1994年5月10日
松井章圭の二代目就任が全国支部長会議にて承認される。

1994年5月18日
松井章圭個人名義で極真会館に関わる文字、マークなど8種類の商標登録申請を行う。

1994年5月26日
大山智弥子未亡人より全国の支部長あてに同日付の松井二代目に異を唱え、話合いを開催する旨の手紙が出される。
しかしこの会合は結局、開かれなかった。

1994年6月20日
大山倍達の次女 恵喜、三女 喜久子により松井二代目に異を唱える記者会見が開かれる。

1994年6月26日
青山葬儀所にて大山倍達の連盟葬が行われた。
この場で次女 恵喜、三女 喜久子が遺言書への疑惑と松井後継の無効を訴えるビラを配る。
この葬儀には俺も参列したが、祭壇の前で松井館長、智弥子未亡人、三女 喜久子氏、津浦伸彦関西本部本部長(大山の長女の夫)が遺族代表として弔問客に挨拶をしていたのを覚えている。ビラ配りは俺が弔問した後に行われたのだろうか?

1994年6月26日
臨時支部長会議にて高木薫北海道支部長が遺族を扇動して極真会館の結束を乱していると糾弾され破門される。
高木及び高木と行動を共にした支部長を外して決を採った結果、賛成20、反対4、棄権16だった。
当日、出席した支部長は47名なので47-20-4-16=7。と言う事は高木支部長以外に外されたのは6名。この後に安斎福島県南支部長、小野寺岩手県支部長、手塚千葉県北支部長、林福岡県支部長が高木派であり、この後の支部長会議に出席しなかったと言う事で破門されている。後、2名は誰だったんだろう?高木派に合流した種市元青森県支部長は大家倍達、存命時に除名されているからこの場に居るわけないし。
その後、遺族派に合流したのは真壁忠秋田県支部長、桝田博茨城県支部長、松島良一茨城県支部長、渡辺十也神奈川県西支部長だったと記憶している。この中の誰かだったのだろうか?こうやって見ると東北方面かつ試合経験の無い支部長が多い。


1995年2月15日
大山智弥子が記者会見を開き、極真会館二代目館長の襲名を披露した。
これに賛同したのは前記の破門された5名(高木、安斎、小野寺、手塚、林)。このグループは遺族派と呼ばれた。
遺族派と言う割には関西本部長で(長女の)娘婿の津浦の姿は無く、こちらのグループは1995年9月に長女留壹子を館長とし極真大山空手 極真会大山道場を立ち上げている。

1995年6月
封筒、昇級・昇段状等から大山倍達の名前を消す。

1995年1月11日
後の年会費制度の提案がされる。

1995年1月30日
基本稽古、型等の統一化と合理的な微調整が行われる。
驚くことにこれまでは同一団体で有りながら支部によって動作が違っている部分が有ったのだ。例えば下段払いの引手になる手の開始位置が金的の前か顔の横か等の違い。それはやはり大会中心の団体(組手で強ければ良い)だからだろう。
因みに松井、盧山が拳道会の中村日出夫を尊敬しているので、拳道会寄りに変更されたという噂が当時、流れていた。


1995年3月9日
緊急の全国支部長会議が開催される。
この会議に松井館長は呼ばれず、松井シンパと目されていた郷田勇三(東京城東支部長)、山田雅俊(東京城西支部長)は開催直前まで知らされていなかった。
この会議で信任、不信任を確認した結果、信任1名、松井が反省するなら信任21名、絶対不信任14名となった。

1995年3月10日
松井出席のもと改めて支部長会議が開催された。
この場で反松井の支部長から松井に対する批判が本人に向けて発せられた。
中立の支部長からも遺族に対する経済援助、破門した高木ら5名の支部長と再度の話し合いをすべきと言う意見が出された。
この場で山田が「自分が責任を取って辞任する」と号泣する一幕もあった。
この山田支部長の号泣を反松井派が「山田が開催していた自己啓発セミナーのテクニック」と何かに書いていたのを覚えている。

1995年4月5日
支部長協議会が急遽、緊急支部長会議になり、支部長協議会副議長の三瓶啓二(福島県支部長)が緊急動議として松井館長解任案を提出、議長の西田幸夫(東京都下城北および神奈川湘南支部長)が決を採り賛成35、反対3、欠席10で松井館長解任が決議された。

1995年4月5日
解任決議の後、反松井の支部長たち(協議会派)が東京国際ホテルで記者会見を行った。
むろん松井解任の発表である。
解任の理由は
1.極真会の私物化
2.独断専行
3.不透明な経理処理
支部長会議に無断で「極真会」の名称やマークを松井個人で商標登録を(申請)した。
「総裁」と言う名称は大山総裁の他には永久に使わないと取り決めたのに、松井君はいたるところで自らを「総裁」と名乗った。
経理処理についても独断専行の処理をしている。
この声明は次の三名の名前で行われた。
支部長協議会議長 西田幸夫、副議長 長谷川巨気、副議長 三瓶啓二。
このことを格闘技雑誌で知った時は大ショックだった。すでに入門はしていたが色帯だったので先輩に事実を聞く訳にもいかずもやもやした。

1995年4月6日
松井側(松井派)、松井、郷田、盧山、山田、浜井織安(石川県支部長)、湖山彰夫(鳥取・島根県支部長)らがメトロポリタンホテルで記者懇談会を開く。
1.極真会館のロゴ、マーク等を個人名で商標登録したのは極真会館には法人格が無かったから。
2.総裁の呼称は永久欠番にするものと認識している。自分で名乗ったことは無い。封筒や印刷物には総裁と言う言葉が入っているが国際空手道連盟と極真会館の規約は別にあり、前者の長が総裁、後者の長が館長となっており、国際空手道連盟総裁が極真会館館長を兼ねるとなっている。
3.会館葬の香典については明細をとることが出来ないと銀行に断られたため自分たちで行った。会館葬は500万円近くの赤字だったので支部長方に援助してもらった。が、葬儀社への支払いが分割可能となったので援助してもらった500万円を運営資金に活用させて貰おうと考えた。総本部に有った預金は遺族との関係上手をつけられず当面の運営資金が無かったからである。

1995年4月7日
協議会派が記者会見を開き、改めて松井解任決議の正当性を主張し、自分たちのグループこそが主流であることを強調した。
この記者会見でだったか三瓶支部長が「世界大会代表選手は全員、ウチの方で抑えていますから。」と言う意味の発言をして凄く嫌な気分になった。自分の所属支部が松井派なのもあるが、選手を物みたいに言ったり、選手が全員そろっていることがイコール正当と言うのは話が違うと思った。

こうやって改めて見てみると会社と変わらないな。
主流派となった方は自分たちだけでどんどん進めようとするし、反主流派は相手の悪い部分を指摘してひっくり返そうとす争い。
これが株式会社での事なら会社は株主の物なので株を過半数持っている人の絶対的勝利なのだが、
極真会館は任意の道場経営者の集まった団体でしかなく、
総本部は大山総裁の個人商店、大山総裁の遺産は当然、遺族の物。
支部も個人商店。
商標登録はろくにしてなかった。
商標登録前のこの時点で極真会館の名称の使用実績がある支部長(道場主)には先使用権が有る。
今の大分裂はこの時点で決まっていったようなものだ。


つづく

tag : 極真会館 空手

2020年05月24日

5月24日はれ △
 8時半起床。朝飯は昨日、買ったパンを食べた。
 本日はA先生のお宅で水炊き会。S先輩、O先生も。
 まずはハナマサで鶏肉を買って新小岩に。そこで他の材料などを買い出しして、A先生に水炊きを作って頂き空手のビデオを観た。
 色々、話が止まらず21時近くまで。そこで解散。



99299191_3052252011498471_6046383804585607168_n.jpg
98078366_3052333391490333_5464325606088900608_n.jpg
99010780_3053408604716145_496384054891905024_n.jpg



朝飯 パン1個  昼飯 水炊き  晩飯 ラーメン。

tag : 空手

松井館長の40人組手 mixiより転載

2007年12月27日09:22
に関して2ちゃんに執拗に「松井氏は事前に対戦相手を脅して回った。」と書いてる奴がいて、その際にうちのA先生も付いて回ってたとも言うので、そんじゃ俺が確認してやるわ!と、昨日、A先生に聞いてみた。
すると
「そんなことしてないよ。第一、口で脅さないで、組手でやっちゃえば良いだけじゃない。」
但し、小林支部長(当時)相手に、本部のプライドを曲解して潰しにかかった茶帯達に、後日、注意した事はある。との事。
と言うことでこの件はデマの可能性が高く、少なくともうちの先生が付いて回ったと言うのは間違いだ。
同じく執拗に書かれている、80年代本部イジメ軍団のうちの一人、石井豊先生に関しても「イジメは無かったよ。怖かったけど(笑)」と。ま、この辺はその恐怖に打ち勝った人間とそうじゃない人で、感じ方が違うだろうけどね。

tag : mixi 空手

2019年11月24日

11月24日雨のちくもり △
 ザイザル飲んだら眠くて起きる気がせず。10時半過ぎにやっと起きられた。こんな日に限って親に振り込みとか頼まれて。
 銀行のタイル敷きの部分で転んだ。何とか手を付いたが痛い。
 加藤パンで昼飯を買って電車に。車中で朝飯に1個食べた。
 会場着13時過ぎ。進行が遅れたので男子4回戦に間に合った。ロシア強いなぁ。
 N尾さん、S藤先輩、O川先生に会った。
 終了後、U方くんと大同苑に向かった。少し待って入れた。腹苦しい。帰りに段差で足をくじいた。
 家に着く前に陣痛が来た。やばい。何とか間に合った。



76765518_2647200908670252_2812144757772386304_n.jpg
78154275_2647200918670251_1969280146309382144_n.jpg
76686498_2647201048670238_4086089356924682240_n.jpg
77429100_2647200982003578_5349548978834767872_n.jpg
77031967_2647200975336912_2984668663430250496_n.jpg
79012017_2647201132003563_4951404574192697344_n.jpg
75271470_2647201068670236_3795926215424999424_n.jpg




朝飯 パン1個  昼飯 パン3個  晩飯 焼肉、ビビンバ他。

tag : 空手 大同苑

2019年11月23日

11月23日雨 △
 よく眠れたが布団を剥いで寒い思いもした。
 8時過ぎに起きて燃やすゴミを出した。そのまま着替えなどして出かけた。
 加藤なんとかのパン屋で朝飯を買ってからMんやで朝飯食べて移動。
 本日は世界大会二日目。駅から会場までテクテク歩いていたら雨が急に酷くなった。
 入口で九坂さんと一緒になり後からはなさん。H口先輩、綿棒先輩、N谷さん、Dンゴル先輩とお会いした。
 終了が遅くなり18時半を過ぎた。九坂さん、はなさんは帰りにカレーを食べに行くと言うので俺は一人で秋元屋に。去年も秋元屋だったな。
 結構、酔うね。五杯飲んで焼きおにぎり食べたけど足らなかったから駅の売店で追加。
 そして更に高田馬場の富士そばで生と鴨そば。こんなんだったら秋元屋でもう少し食べて飲めばよかったのにね。




74372112_2643731119017231_7782603705265684480_n.jpg
70942688_2644978992225777_8698629090296463360_n.jpg
76695289_2644979042225772_6572028058620919808_n.jpg
73422517_2644979118892431_7042546080994557952_n.jpg
75496023_2644979065559103_2820838746537066496_n.jpg
78467255_2644979135559096_4125905636493885440_n.jpg
73475045_2645062228884120_8833018170311704576_n.jpg
76773222_2645062278884115_4599171746447228928_n.jpg





朝飯 明日葉天そば大盛り  昼飯 パン三個  晩飯 なんこつスライス、とりはつ中落ち、シロコロ、ばら、コロッケ、煮豆腐、チーズ、野沢菜焼きおにぎり、おにぎり、鴨そば。

tag : 路面 空手 秋元屋

大山総裁時代、最終時の支部道場

大山総裁時代、最終時の支部道場と分裂直後の動き。

旧遺族派と支部長協議会派が一時的に合流した大山派時代は省いた。

記憶が曖昧なところがあるので、間違いがあったらコメント欄でご指摘ください。


本部 (総裁 大山倍達 故人) → 松井派(但し、建物として。以下同) → 遺族派 → 宗家

関西本部(責任者 津浦伸彦) → 極真大山空手

本部直轄郷田道場(支部長 郷田勇三) → 松井派

本部直轄浅草道場(支部長 松井章圭) → 松井派

本部直轄横浜道場(支部長 木元正資) → 支部長協議会派(新極真会)

北海道支部(支部長 髙木薫 故人) → 遺族派 → 極真会館北海道総本部

青森支部(支部長 池田治樹) → 松井派
(前青森支部長 種市健 は総裁存命時に除名 → 遺族派 → 極真空手実践会種市道場 → ?)

秋田支部(支部長 真壁忠 故人) → 支部長協議会派 → 遺族派 → 極真会館秋田県本部

山形支部(支部長 田畑繁) → 支部長協議会派 → 連合会

岩手支部(支部長 小野寺勝美 故人) → 遺族派 → 極真会館小野寺道場

宮城支部(支部長 金田和美) → 支部長協議会派(新極真会)

福島県北支部(支部長 三瓶啓二) → 支部長協議会派(新極真会)

福島県南支部(支部長 安斎友吉) → 遺族派 → 極真会館安斎道場

茨城支部(支部長 桝田博) → 支部長協議会派 → 遺族派 →  極真会館松島グループ(極真会館茨県本部桝田道場)

栃木支部(支部長 小林功) → 支部長協議会派(新極真会)

群馬支部(支部長 松島良一) → 支部長協議会派 → 遺族派 → 極真会館松島グループ

埼玉支部(支部長 盧山初雄) → 松井派 → 極真館

千葉県北支部(支部長 手塚暢人 故人) → 遺族派 → 極真会館手塚グループ

千葉県南支部(支部長 小嶋幸男 故人) → 支部長協議会派 → 極真会館小嶋道場千葉県総本部

東京城北支部(支部長 西田幸夫) → 支部長協議会派 → 極真清武会

東京都下・城西支部(支部長 山田雅稔) → 松井派

東京城南・川崎支部(支部長 廣重毅 故人) → 支部長協議会派を経て中立派からの松井派 → 極真館 → 極真拳武會

神奈川東支部(支部長 西田幸夫) → 支部長協議会派 → 極真清武会

神奈川西支部(支部長 渡辺十也 故人) → 支部長協議会派 → 遺族派 → ?

新潟支部(支部長 関川博明 故人) → 松井派

富山支部(支部長 浜井良明) → 松井派

石川支部(支部長 浜井識安) → 松井派 → 浜井派

福井支部(支部長 高橋康夫) → 支部長協議会派 → 連合会

山梨支部(支部長 大石省悟) → 支部長協議会派 → 連合会 → 総極真

長野支部(支部長 藤原康晴) → 支部長協議会派(新極真会)

岐阜支部(支部長 柳渡聖人) → 支部長協議会派 → ?

静岡支部(支部長 大石代悟) → 支部長協議会派 → 連合会 → 総極真

愛知支部(支部長 長谷川巨気(一幸)) → 支部長協議会派 → 連合会 → 総極真 → 全極真

三重支部(支部長 長谷場譲) → 支部長協議会派 → 極真会館長谷場道場

滋賀支部(支部長 河西泰宏) → 支部長協議会派を経て松井派 → 極真会館滋賀県総本部

京都支部(支部長 川畑幸一) → 支部長協議会派を経て松井派

大阪北支部(支部長 前田政利) → 支部長協議会派(新極真会)

大阪南支部(支部長 中村誠) → 松井派 → 極真会館中村道場

兵庫支部(支部長 中村誠) → 松井派 → 極真会館中村道場

奈良支部(支部長 秦貴典) → 支部長協議会派を経て松井派

和歌山支部(支部長 黒岡八寿裕) → 支部長協議会派(新極真会)

鳥取・島根支部(支部長 湖山彰夫) → 松井派 → 極真館

岡山支部(支部長 水口敏夫) → 支部長協議会派を経て松井派 → 極真会館水口派総本部

広島支部(支部長 大濱博幸) → 支部長協議会派(新極真会)

山口支部(支部長 河岡博實) → 支部長協議会派を経て松井派

徳島支部(支部長 長谷川巨気(一幸)) → 支部長協議会派 → 連合会 → 総極真 → 全極真

香川支部(支部長 桑島保浩) → 支部長協議会派 → 連合会

愛媛支部(支部長 高見成昭) → 松井派 → 日本空手道高見空手

高知支部(支部長 三好一男) → 支部長協議会派(新極真会)

福岡支部(支部長 林栄次郎) → 遺族派 → 修行道心身会極真空手スピリット → ?

佐賀支部(支部長 楠愼吾) → 支部長協議会派(新極真会)

長崎支部(支部長 山田政彦) → 支部長協議会派(新極真会)

熊本支部(支部長 三村恭司) → 支部長協議会派を経て松井派 → 極真会館熊本本部

大分支部(支部長 三村忠司) → 支部長協議会派を経て松井派

宮崎支部(支部長 中村満雄 故人) → 松井派 → 極真会館中村道場

鹿児島支部(支部長 竹和也(隆光)) → 支部長協議会派を経て松井派 → ワールド極真会

沖縄支部(支部長 七戸康博) → 支部長協議会派 → 連合会






tag : コラム 空手

現在「極真」を名乗る団体はいくつあるのだろうか?

極真会館の分裂はとどまる事を知らない。

今現在、「極真」を名乗る団体はどれくらいあるのか調べてみた。

分裂、再分裂を繰り返しているのでナンバリングでどこから分裂したのか分かるようにしたが、一部の団体を覗いて詳細が分からないので精度は高くないと思う。

連合会に参加している団体は連合会に一括して考えた。
総極真、全極真もしかり。

なるべく時系列順になるようにしたが順不同と思っていただきたい。

()内は現代表者。

1の現役支部長の兄が1-5の創設者だったり(1-7も同様)、4と5の代表が義理の兄妹だったり、外部からはうかがい知れないものが有る。

海外は情報を拾いきれないし、彼らは日本に比べるとドライにくっついたり離れたりするので対象外とした。

最初の分裂後に「極真」名乗らないで独立した団体を入れたら一体どれだけの数になるのだろう?

間違い等があったらコメントお願いします。


1.極真会館(松井章圭)【松井派】
  創始者大山倍達の死去により二代目館長に指名された松井章圭が引き継いだ団体。
  その後、二代目の根拠となる危急時遺言状が遺族の訴えにより無効となった。

 1-1.極真館(盧山初雄
     1の支部長であり二代目時代の最高顧問盧山初雄、他が1を離脱し設立した団体。

  1-1-1.極真拳武会(金子雅弘)
         1-1を盧山初雄と一緒に設立した1の支部長廣重毅が1-1を離脱して作った団体。

 1-2.KWF極真会館千葉田中道場(田中規順)
     1の分子部長が独立して作った団体。

 1-3.極真会館水口派総本部(水口敏夫
     1の支部長、水口敏夫が1を離脱して作った団体。

 1-4.極真会館滋賀県総本部(河西泰宏
     1の支部長、河西泰宏が1を離脱して作った団体。

 1-5.極真会館尾張名古屋松田道場(松田伸雄)
     1の支部長、松田伸雄が1を離脱して作った団体。

 1-6.極真会館浜井派(浜井美香)
     1の支部長、浜井識安が1を離脱して作った団体。

 1-7.極真会館熊本本部(早田信)
     1の支部長、三村恭司が1を離脱して作った団体。

 1-8.ワールド極真会館(竹隆光)
     1の支部長、竹隆光が1を離脱して作った団体。

 1-9.極真会館中村道場(中村昌永)
     1の支部長、中村誠が1を離脱して作った団体。

 1-10.KWF極真会館小宮道場(小宮良介)
      1の選手であった小宮良介が独立して作った団体。

 1-11.極真空手いわき坂本道場(坂本裕二)
      2の福島県支部から独立した坂本裕二が1に加盟し、後に独立した団体。

 1-12.極真カラテ六本木・新橋道場(志田清之)
      1の支部長志田清之が1を離脱して作った団体。

 1-13.極真空手梶原道場(梶原隆広)
      1の支部長梶原隆広が1を離脱して作った団体。


2.新極真会(緑健児)【旧支部長協議会】
  1の二代目松井章圭の運営方針に異を唱えクーデター(館長解任動議)を起こし離脱した支部長達で作った団体。
  一時的に3と合流した時は創始者大山倍達の未亡人、大山智弥子が館長になったため大山派と呼ばれた。
  その後は代表の変更により三瓶派→緑派とも呼ばれた。

 2-1.極真空手清武会(西田幸夫
     2の支部長西田幸夫が2を離脱して作った団体。

 2-2.IBMA極真会館増田道場(増田章)
     2の支部長増田章が2を離脱して作った団体。

 2-3.極真会館坂本派(坂本恵義)
     2の支部長坂本恵義が2を離脱して作った団体。

 2-4.全日本極真連合会(七戸康博
     2を離脱した支部長が中心になって作られた超党派団体。

  2-4-1.世界総極真(大石代悟
        2-4を離脱した長谷川一幸大石代悟により作られた団体。

   2-4-1-1.世界全極真(纐纈卓真)
             2-4-1を離脱した長谷川一幸により作られた団体。

 2-5.極真空手我流会(小林誠)
      2の分支部長小林誠が独立した団体。

 2-6.KWF 極真会館ビクトリーカラテスクール(山本雅樹)
      2の千葉県南支部の選手山本雅樹が1の千葉県北支部を経て独立した団体。
 
 2-7.極真会館長谷場道場
      2の三重県支部長長谷場譲が独立した団体。


3.旧遺族派
  1の支部長であった髙木薫、安斎友吉、小野寺勝美、手塚暢人、林栄次郎が1の2代目を遺族とともに無効と主張。
  1を離脱し、後にそこに1→2支部長であった松島良一、桝田博、渡辺十也等が合流して出来た団体。
  一時期、2と合流した時には大山派と呼ばれていた。

 3-1.極真会館北海道総本部(髙木幹子)
      1の支部長髙木薫(故人)が3を経て独立した団体。

 3-2.極真会館手塚グループ(森義道)
      1の支部長手塚暢人(故人)が3を経て独立した団体。

 3-3.極真会館安斎道場(安斎友吉
      1の支部長安斎友吉が3を経て独立した団体。

 3-4.極真会館小野寺道場(小野寺祐介)
      1の支部長小野寺勝美(故人)が3を経て独立した団体。

 3-5.極真会館松島派(松島良一
      1の支部長松島良一が3を経て独立した団体。

 3-6.極真会館茨県本部桝田道場(桝田博
      1の支部長桝田博が3を経て独立した団体。

 3-7.林栄次郎道場、渡辺十也道場はWeb上では現存を確認できず。


4.極真会館宗家(大山喜久子)
  創設者大山倍達の未亡人大山智弥子(故人)、三女大山喜久子の団体。
  現在はほぼ活動停止に近い状態との情報あり。


5.極真大山空手(津浦伸彦
  創設者大山倍達の長女大山留壱琴(故人)とその夫で1の関西総本部責任者であった津浦伸彦の団体。


6.極真会館園田道場(園田直幸)
  1の選手であった園田直幸が独立した団体。


7.ワールド極真会空手(岩下清伸)
  1-8とは別団体。
  海外の独立系極真の日本支部の様な扱い。

※太字は分裂前からの支部長・責任者


2019年11月14日現在

tag : コラム 空手

プロフィール

hizageri

  • Author:hizageri
  • 東京都城東地区出身・在住。
    昭和43年生まれ、フリーマン。
    ディズニーランドより秋葉原のほうが好き。
    居酒屋通いは平均、週に4.5日。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

町中華 光栄軒 コラム 鮮菜 秋元屋 休肝日 中華そばみたか 大衆酒場 アキバグルメ 銭湯 高円寺 職場 路麺 七面鳥 四文屋 池ポ 徳萬殿 トークライブ 鳥勝 一番弁当 ハムカツ 堀留屋 うどん mixi 船橋 同級生 カーサ・ディ・シバタ 昼ビー 中野 部屋飲み プリン 入院 おかしな人々 合合 コタン コミケ 太陽 一平 木彫り面 荒川 興安園 幸楽 まごころ厨房 長崎菜館 増やま とくや 二郎 麺家きむら 中村屋 ふくよし 通院 才谷屋 みたかや酒場 かどや しんば ポンチ軒 味楽 結構人ミルクホール あきば 井乃上 魂ネイション もつ焼きじんちゃん 手長エビ 孤独のグルメ 天王 呑者家 iPhone 十条 どさん子娘 年代記 町中華探検隊 華蔵 仮面ライダー 宝来軒 謎の女  たきおか アンダー 西荻窪 病院 UWF アーモンド ラ・コパ はやふね食堂 上野 資料性博覧会 空手 晩杯屋 好波 お山の大将 プティコック めんや サンボ 同人誌 スーパーロボット魂 国分寺 高田馬場 ラーメンショップ ジャポネ 中野サンプラザ アキバ ジンギスカン タイイサーン アミーゴ 斉藤由貴 ラーメン太楼 秋葉原 本八幡 からしや 良男 おもしろ同人誌バザール 浦安 馬場南海 コメダ珈琲店 野方 サンマ 元祖寿司 立会川 小岩 文学フリマ 赤羽 南海 魂フィーチャーズ SRS 渋谷 境界性人格障害 ブラックデビル 青島食堂 大同苑 美味しかったもの 清龍 阿佐ヶ谷ロフトA 清瀧 万平 吉祥寺 萬来軒 江戸川ラーメン 丸松 大阪王将 猿会 スマホ 信濃路 元華 S.I.C 平井 更科 かいざん 豊田屋 タロー軒 さくら 民華 荻窪 川崎 金ちゃん 方南町 蛭子能収 仙臺 久住昌之 阿佐ヶ谷 神保町 ジョンナム キッチンABC コクテイル 代一元 ほりうち 新宿 やまだ ホープ麺亭 仙台や 根本敬 ハルピン 八広 来集軒 自転車 ウズベキスタン 池袋 まんてん 中華タカノ 浅草 S.I.C 天竜 吉祥苑 三鷹 福々亭 納豆ラーメン 中野ブロードウェイ ガンダム やっちゃばフェス カーサディシバタ 大和水産 少林寺拳法 鳥春 斎藤酒場 ビックラーメン 鶯谷 もつ焼きでん 尾崎豊 福与志 わらび食堂 ラーメン 大林 アメイジング商店街 つくつくぼうし 葛西 エンドレス 洋食 キッチン竹乃子 さえきくん 博物ふぇすてぃばる もつ焼き 加賀屋 伸幸 魚仁 富士川食堂 馬越 篠崎 ロフトプラスワン かんだ食堂 御利益 新橋 西船橋 ヤシロ食堂 万福 大興 ラーメン亭 食堂 鐘ヶ淵 アッサム ポポラマーマ ミクロマン 有楽町 森口博子 新福菜館 キチムシ 味の横綱 グルコミ 一寸亭 風間三姉妹 じゅぼう ジャンクガレッジ 丸千葉 CFワンタン あさひ さんきち ワンフェス ブラウニー 過橋米線 銚子屋 武蔵小山 十八番 宝家 ウッチャン 夢の屋 路面 ブログ リンク 送別会 健康診断 牙狼 神保町フェスティバル ふく庵 つるや 書記長 ポポ ソフビ 煮込み 胆嚢 キッチンユー早苗 映画 研修旅行 宝亭 サブカル ビアガーデン 松本零士 ラーメンエイト 立呑屋 アメリカン はりや 焼肉 ダイアクロン 下総中山 台風 ラーメン髭 チャンポン 宝香 職場人びと  カレー 松屋 カネス 華宴 行徳 天下一 マクラウド キッチンニュー早苗 タブレット 伊峡 キッチンカロリー 竹岡式 極真会館 なか卯 ファミリーラーメン サブウェイ トミケット ときわ 鴨to葱 弁慶 ますだ 出張 寅屋 洋包丁 山城屋酒場 三河島 丼太郎 キックボクシング 味楽来 興安亭 鶴の恩返し ながしま 東京園 葛西橋 買い物 フランキー ニュー早苗 丸好酒場 七福 キッチン早苗 レプタイル 丸五 先勝 紫苑 豊洲 熊公 藤九郎 モミジ 宝楽 銀座 コウケツのグルメ 田や さぼうる2 エッセイ 中華レストラン太郎 遠州屋 丸大ホール 酒のほそ道 千葉市 えびす 交通飯店 ジョジョ 中華や だるま バッカス 東長崎 丸鶴 吉祥寺音楽祭 鳥田中 レプタイルズ 中華三番 人格障害  みつば どさん子 タイ料理 泉晴紀 立ち食いそば みうらじゅん のほほん 喜多八 大露路 HSP 茶楼 食レポ ふじもと キッチン南海 ちんとう ガンプラ アキバレンジャー コッペパン 食べログ 福よし 喜楽 ミッキー飯店 大盛軒 中井 くりから 味利 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク