FC2ブログ

日本のインターネット、普及および個人的歴史-3

2006年
7月にTwitterがサービス開始。
日本で一般的になるのはまだ後。

個人的出来事
4月、ミクシィで中学の同級生と繋がる。

6月30日にW-ZERO3を衝動買いする。

9月29日、さくホビで彼女さん(男性)と初対面。

10月に演武で正拳、瓦割りに失敗。
右手中指の靭帯が外れる。
これの通院を理由に東京の事務所に出社させてもらい、そのままなし崩し的に東京勤務になれた。
試し割り失敗の罰ゲームでバンジージャンプを経験する。二度とやら無い。


2007年
イーモバイルが「EMモバイルブロードバンド」を開始する。

個人的出来事
8月31日にウィルコムのPHS解約。

10月12日胆嚢摘出。

保険金でE-510購入。
デジ一、デビュー。

男女交際休止期間に入る。


2008年
7月にソフトバンクがiPhone 3Gを国内初販売開始。

Facebookが日本語版サービス開始。
が、普及までに大分、時間がかかった。
実名前提と言うのが足かせになったと思う。

個人的出来事
1月、ミクシィ切っ掛けで中学の同級生数人と飲む。

3月21日、地元駅の駐輪場が地下機械式になる。

4月14日、携帯をW56Tに機種変更した。
超ハズレ機種だった。

6月1日付けで部署異動。
異動後少ししてからパワハラを受け始める。
この時の犯人たちの事は一生許せないと思う(主犯はもう死んだけど)。

6月8日、秋葉原で通り魔事件が発生。
複数の友人から安否確認のメールが届く。
この日はたまたま中野に行っていたので巻き込まれずに済んだ。
安否確認されたときはここまで大規模な事件だとは思わなかった。

6月26日、同期のブラジルの悪魔が面白半分で俺をメキシコに転勤させようとしてくれたせいで二日間寝込む。
幸い独身だという理由で話は流れたが、殺してやろうかと思った。

8月17日、コミケに初参加。
切欠はタコシェで購入した苅部山本さんのデウスエクスマキな食卓。

8月24日にモバイルパソコン「Aspire One」購入。
イーモバイル加入2年縛りで1万円弱だった。
自宅に無線LAN環境無いのに買ってしまった。

8月31日に無線LAN用にFONを購入。


2009年
個人的出来事
本年3月1日、iPhone3Gを衝動買いする。
オノデンで9,800円であった。
当時はソフトバンクしか扱っておらず、ソフトバンクの電波網は脆弱であったので、安定した通信を確保するためauの携帯はそのまま使用し携帯2台持ちとなった。
Web閲覧 → iPhone(SB)
通話、メール → ガラケー(au)
体制が暫く続くことになる。

3月22日未明、登茂恵が火事になりマスターが亡くなる。
俺が最後の客だったので自ら警察に名乗り出て事情聴取を受けた。
多分、生まれてから一番ショックだったこと。


2010年
5月28日、日本でiPadが発売される。
現段階ではセルラー版はSoftBankのみが取り扱った。


2011年
3月11日、東日本大震災が起こる。
当日は携帯電話の通話やメールはほぼ繋がらない状態だったので、Twitter経由での情報収集が有力でありこれを機にTwitterが日本で一気に普及したように思う。

6月、LINEアプリサービス開始。

11月14日、auがiPhone(iPhone 4S)の取扱いを開始した。

異なるキャリア間でもSMSが使えるようになった。
電話番号だけ知っていれば通話以外でも連絡が取れるようになった。
若い人はそんな必要があるのかと思うかも知れないが、Eメールすら使いたがらない機械に不慣れな人と連絡を取るのが楽になったんだよ。

個人的出来事
東日本大震災発生当時、俺はカウンセリングを受けていた。
つまりバリバリ、パワハラを受けていた時期である。
しかし、この年の12月のパワハラの主犯が退職したので、そこから回復期に入る。

7月31日、携帯をG’zOneに機種変更した。
これが自分にとって最後のガラケーになった。


2012年
10月25日、Amazonが日本向けのKindleストアを開設。

個人的出来事。
1月24日、パワハラ主犯が亡くなったことを聞いた。
この時はまだ心が回復していなかったので、同情心が涌いたが……。

9月21日、スパーリング中に左足の中指を骨折。
これを機に第二期サボり期に入る。


2013年
9月20日、ドコモがiPhone(iPhone 5s/5c)の取扱い開始した。

個人的出来事。
2月8日、初ふうすけ。

4月26日、中学同級生とBちゃんに集まる。
今回は女子も居た。
S水と久しぶりに会い、変わらぬ変態っぷりに感動した。

4月27日、T記者の結構披露宴に参列する。

7月6日、WiMAXに加入にし、その特典割引でiPad-mini64Gを購入した。


2014年
個人的出来事
1月11日、無線LAN有りのルーターを購入。
結構、遅いね。


2015年
個人的出来事
SBの回線(iPhone)をauにMNP。
メアドの変更を伝えるのが面倒で、auのガラケーとiPhoneの2台持ちになる。

2月14日、WiMAXが使い物にならないので解約し、WiMAX2+を新規契約した。

5月22日、andoroidも使ってみたくてZenFon2を購入。
SIMはNifMOにした。

9月25日、Fire TV Stickを購入。

10月13日、Fire タブレット 8GBを購入。


2016年
総務省がスマホ契約のキャッシュバック等の規制に動き出す。

個人的出来事
2月10日、いつものでも無い店で軍団と抗争勃発。
未だおさまらず。

4月11日、後輩女子の態度が悪すぎて体調が悪くなり、病院に通いだす。
高血圧、高血糖値、高コレステロール等。
毎月、通院することになった。

4月29~30日、スーパーロボット魂に初参戦。


2017年
日本でスマートスピーカーが普及し始める。

個人的出来事
ガラケーをiPhone7に機種変更。
元のiPhoneの方の回線は解約した。

4月8日、中学校の同窓会が行われる。
高校生の時に1度、中学校の体育館で行われたが、実質的にはこれが初めてと言って良いだろう。

7月31日、軍団のボスに切れた。
これにより直接的な攻撃は無くなったが……。


2018年
総務省がスマホ割引の規制を更に強化する。

個人的出来事
1月7日、echo dotを購入。

3月1日ZenFon4Maxを購入。
BIGLOBEモバイルのドコモSIMにして、NifMOは解約した。

3月25日、Fire TV (New モデル) を購入。

6月1日、Fire HD 8 タブレット。

6月19日、Google Home miniを購入。

12月7日、echo spotを購入。




参照サイト

日本におけるインターネットの歴史

ヤフーの歴史


戦後日本のイノベーション100選 デジタルカメラ
スポンサーサイト

tag : コラム

日本のインターネット、普及および個人的歴史-2

1999年 
ADSLが登場。
月額固定の時代が始まる。

携帯電話にてインターネット通信が出来る様になる(DOCOMOはiモード、IDOがEZweb)。
これにより携帯電話でもインターネットが出来るようになり、インターネットが一部のマニアのものだけでは無くなる。
また携帯電話のメールがそれまでのSMSのみからキャリアメールも使えるようになり、異なったキャリアの携帯電話間、携帯電話とパソコン間でメールのやり取りが出来る様になった。

カメラ内臓の携帯電話が発売された。
いわゆる「写メ」の始まりである。

「2ちゃんねる」開設。
匿名での投稿がデフォルトの掲示板に衝撃を受けた。
それまではコテハンどころかメールアドレスまで入れて書き込みをすることが多かった。
それゆえにオフ会が開かれることも多かったのだが。

個人的出来事
4月25日の極真祭にて、ぽうらさん、はなさんと初対面。
九坂さんとはこれより前にSRSのビデオ受け渡しで職場近くで会っている。

日本キックボクシング連盟の興行にて、フジくん、さえきくん、てらかーさん他と初対面。

8月8日ワンダーフェティバル会場で、さえきくんの仲介によりグラップラー猿さんと初対面。

極真会館主宰、第7回オープントーナメント世界空手道選手権が開催される。
この大会の際に青板他で知り合った方々とオフ会を開催。歴代最大の人数が集まった。

初デジカメ「FinePix 1500」を購入した。
使用メディアは今は無きスマートメディアであった。
しかし、上記の世界大会二日目に会場内で盗まれてしまった。


2000年
「Google」が日本語による検索サービスを開始。
それまでは検索エンジンによって得手不得手が有ったが、Googleには万能感を感じた。

「Amazon.co.jp」がサービスを開始した。

個人的出来事
自宅に引いてあったケーブルテレビの会社、江戸川ケーブルテレビがインターネットサービスを始めたので加入。
月額固定の回線を導入した。
恐らくこの頃、このブログの前身であるホームページを開設して日記を書き出した。
最初はHTMLを手打ち、後にホームページビルダーを使ったがくそ重かったな。


2001年
携帯電話の3Gサービス開始。
これによりiモード対応のサイト以外も携帯電話から閲覧、書き込みが出来る様になった。

本年6月ウィルコムがPHS事業者としては唯一のパケット通信サービスを定額制で始めた。
定額制と言うことはインターネット繋ぎ放題である。
当時としては夢のような話であった。
但しこの時点ではカード型の端末をパソコンに差し込む形だったので、ノートPC、PDAを持ち歩く人などが使うものだった。

個人的出来事
PDAが流行し、同僚が買ったiPaqが羨ましかったが手が出なかったので、DOCOMOのGFORTを購入した。
当時としても大きく重く、結局、MP3プレーヤーとして数回使っただけだった。
これに挿せるLANカードを買ったが設定方法が分からず無駄になった。


2002年
日本でブログが普及し始める。

個人的出来事
本年4月1日より茨城県内に異動になり、東京駅から高速バスで通勤し始める。


2003年
日本のSNSの草分け的存在であるミクシイが登場。
そのインパクトは強かった。
当初は招待制だったので、インターネットに疎い層には広がらなかった。


2004年
4月に京セラよりウィルコム向けのPHS端末AH-K3001Vが発売された。
通称「京ぽん」。
携帯で定額でパソコンのサイトが見られるというのは大きな衝撃であった。

個人的出来事
当時、茨城まで高速バスで通勤していたので、車中の暇つぶしのために「京ぽん」を購入し、定額契約で2ちゃんねるを閲覧していた。

12月よりホームページからこのブログに移行。
予め用意されたテンプレに文字と写真を入れていくだけなので、なんて楽なんだろうと思った。
ただ、手打ちで得たHTMLの知識は役に立ったけどね。

12月16日よりミクシィ開始。
嵌った。



2005年
11月に京セラよりウィルコム向けのPHS端末WH-310Kが発売された。
通称「京ぽん2」。

12月にシャープよりウィルコム向けPHS端末W-ZERO3が発売される。
PDAにPHS端末としての機能を付けたスマートフォンである。
ガシャっとキーボード部分を引き出して文字入力出来る所が斬新であった。

個人的出来事
11月26日、「京ぽん」から「京ぽん2」に機種変更した。
また当時はモバイルバッテリーは一般的ではなかったので、バッテリー切れを気にしながらの使用であった。

6月22日に携帯702NKを購入。
初スマホ。

8月に、つくばエクスプレスが開業。
それまで東京駅から茨城県内まで高速バスで通勤していたが、これにより通勤が楽になる。

8月21日、ミクシィ、東海林さだおコミュオフ会in高尾山マウントビアガーデンで、ゆきさん、あっきーさん、緑一色さんと初対面。
11月3日同じくさだオフin月島でおごちゃんさんと初対面。
これらの方々とは未だに交流あり。

tag : コラム

日本のインターネット、普及および個人的歴史-1

今や猫も杓子もインターネットを(無意識も含め)使っている。
ほんの20年前までは一部の人間が使う程度で、その少し前はアマチュア無線よりもマイナーな存在だったのではないか?
人間、50歳にもなると人生の半分以上過ぎているので、少し前が20年位になってしまって時系列が分からなくなってしまうのでこの機会に整理しよう。


1980年代後半
パソコン通信が流行る。
パソコン通信は、パソコンとホストサーバーを結び、そのホストサーバー内での交流が出来た。


1991年
NTTがMOVAを発売。
携帯電話の小型化の始まり。

個人的出来事
この年の8月に極真会館城東支部に入門した。


1995年
Windows95が日本で発売される。
これによりパソコンが一般の人にぐっと身近になる。

NTTがテレホーダイを開始。
23時から8時までの間、定額で使い放題のサービス。
なぜこれがトピックかと言うと、当時は使った時間分、電話料金がかかったのでお金が大変だったのだ。

PHSサービス開始。
携帯電話を使う予算が無い人はPHSを購入した。

3月にカシオがデジタルカメラ「QV-10」を発売。
デジタルカメラ市場を切り開く。

個人的出来事
この年、自宅が建て替えられた。

職場にWindows95のパソコンが導入され、ワープロソフトをワープロ専用機ではなくパソコンで使うようになっていった。
パソコンがグループ毎に1台の時代から1人1台の時代に向って進みだした。

職場がニフティサーブのパソコン通信を導入し、初めてパソコン通信を経験した。
格闘技系の会議室にはまり、昼休みとは言えつい使ってしまい何故そんなに使っているのかチェックされた。

初彼女が出来た。

この年の3月20日に地下鉄サリン事件が起き、職場の後輩が被害を受けたが入院すらせず、しかも遅刻をしていたため被害に遭ったので周りからは同情されなかった。
その際、普段はメガネなのにたまたまコンタクトをつけていたから粘膜から吸収されるサリンガスの害が結果的に低くなったのでは無いかと言う話になった。
コンタクトをつけていた理由は事件の前の週に俺が顔面に強く突っ込みを入れた結果、元々、壊れていた(接着剤でつけていた)フレームが破損したためなので、ある意味、俺は命の恩人ではなかろうかと思った。なおメガネ代として3万円、現金にて弁償している。



1996年
ヤフー株式会社が国内初の商用検索サイト「Yahoo! JAPAN」を開始。
インターネットで検索と言えばヤフーと言う時代が続いた。

ICQが開発された。
インスタントメッセンジャーの始まりである。
 
イビジェカフェ(電子掲示板)がサービス開始。
イビジェカフェ内の格闘技カフェにて 「シュウ」、「カトクンニー鷹」「木村プロ」「しましま魚」「グラップラー猿」「タップアウト」「グリフォン」(以上、敬称略)などの有名コテハンが生まれる。

個人的出来事
3月に携帯電話を初購入。機種はD201。
なんで時期を覚えているかと言うと、会社の後輩に安く売っているショップまで車で送ってもらいその車中で「めちゃ×2モテたいッ!」のヨモギダ君初登場の回を観たのを覚えているからだ。
当日、開通受け取りは出来なかったので後日、また送ってもらった。
U野、あの時はありがとう!


1997年
個人的出来事
イビジェカフェの格闘技カフェに嵌る。
俺が使用していたハンドルネームは今と代わらず「ひざげり」であった。

この頃、「地上最強の空手・国際空手道連盟極真会館」(通称青板)が開設されたが管理人が失踪、サービスが終了されたのでコテハンの中から有明省吾さんが二代目管理人となりTcupにて再開設された。
この掲示板は今でも付き合いがある多くの人と知り合う貴重な場となった。


1998年
Windows98が日本で発売される。
更にパソコンが一般の人に身近になる。

個人的出来事
デスクトップパソコンを買う。コンパック製で15万円位した。

数見肇選手の100人組手の掛かり手になる。が、当時は第一次稽古サボり期明けで、ろくにスパーリングをしていなかったので酷い動きで逆に申し訳なかった。

極真会館主宰、第30回全日本空手道選手権大会初日終了後、初めてのオフ会参加でラオウさん、ぱんださん、つじたにさん他と会う。

このころアメリカ留学中のM尾ちゃんからICQを教えてもらい使い始めた。


つづく


tag : コラム

記録を残すということ。

先日お会いした格闘技関係のマニアの方々は凄い方たちで、その道に興味がある人なら「ううーーん」と唸るレベル。
何が凄いって必ず裏づけを取ってレポートしているのだ。

例えばK-1の歴史をレポートするのなら難易度はそこまで高く無いだろう。最近の事だから資料が残っていて、なおかつ入手も容易だ。
だが、戦後すぐの時代から始まるような例えば大山倍達の歴史を調べるのは比べようも無いくらい大変だ。

動画を一般人が撮っている確立は物凄く低いし、テープが高額な時代だから上書きされることも多くマスメディアにすらろくに残っていない。
写真ですら気軽に撮れる状況ではなかった。
マイナーなジャンルだと記事になっていたとしても相対的に価値が低ければ現在まで保存されている確立も低い。
いくら好きとはいえ、それを自腹でまとめるなんて尊敬の気持ちしかない。

以前、光栄軒のチャーハン大盛り、特盛りが昔は各々、100円増しだったよね?って事実を調べるだけでも大変だったもの。

そうならないためにはマニアが積極的に記録を残すことが大切だ。
今はクソみたいな情報でも、10年、20年経てば絶対、貴重な情報になる。

そのために俺もしこしこ食べたものの写真を撮り、記録し続けよう。




tag : コラム

酒場の揉め事。

酒場での揉め事。
俺は傍観者。

A=自由業風。40代?ひとり客。

B=20代と思しきサラリーマン。同僚と8人くらいで来ていた。


****************************************************************************

Aがトイレに向かうも使用中だったため、席に戻る。

そのすぐ後にBがトイレの前に来て酒を飲みながら空くのを待っていた。

トイレが空いたのでBが入ろうとしたら、Aが来て自分が先に待っていたと言った模様。

BはAに順番を譲った。

ドアが閉まった瞬間、Bがドアにパンチした。

Aは即効、トイレから出てきてBに詰め寄った。

Bは「手が当たっちゃって」などと言い訳していたが、Aはそのまま1分以上、詰め寄り続けた。

******************************************************************************


Aはトイレの前で待つべきだったし、Bも譲ったのなら余計なことをすべきではなかった。
どちらも悪い。

だが印象としては仲間と来てるからってイキってたBの方が悪く感じたな。
トイレの前でチューハイ飲みながら待つ姿が生意気に見えたし。

tag : コラム

飲んだ時の飢餓感。

昨夜、いつものでも無い店では1品目に、久々にお目見えした穴子の天ぷらを注文した。
休肝日明けのせいも有るかも知れないが凄く空腹感が出てきて、穴子天だけだと量が足りない。
2品目の金華さば開きもいつもより小ぶりで、ますます空腹感が増した。
その後、客の引けが早いので白菜キムチで飲んで〆は別の店にすることにした。
で、2軒目にBちゃんい行って、納豆ご飯(大き目の茶碗)で〆たと言う訳だ。

こういうことは何度か経験していて、どうも1品目が少な目のものだとドーーーンと血糖値が落ちて飢餓感が増すような気がする。
んで、調べてみると

アルコールを飲み過ぎないために 事前に知っておきたい対処法

>また、アルコールは低血糖を引き起こすことがある。特に食事を十分にとらずに飲酒すると低血糖になりやすい。それは食事量低下のため肝臓のグリコーゲンが減少しており、さらにアルコールの代謝に伴い糖新生(糖質以外の物質からグルコースを産生する作用)が抑制されるためだ。

>インスリン注射や経口血糖降下剤などでの治療中の患者では、低血糖がより起こりやすくなるので、食事をとらずに飲酒することは原則として禁止されている。食事をとるのであれば、低脂肪で高タンパク質の食品(豆腐・枝豆・イワシなど)を食べると良い。

と有った。
なるほどこれかも知れないな。
今は経口血糖降下剤も飲んでるし。
飲む時の1品目にはそれなりにボリュームがあるタンパク質中心のツマミを食べたほうが良さそうだ。

tag : コラム

所有欲。

オタク系人間の物を所有することへの執着は概ね強い。
もちろん俺もそうだ。

恐らく死ぬまで読めない量の本や、一度聴いたらどこに行ったか分からなくなるCD、観もしないDVD、開封することが無いであろうフィギュア、作ることがないであろうガンプラ、他人からしたら無駄でしかないものが多数ある。

しかしそんな俺も物を所有することへの価値観が少しは変わって来た。

その切欠はAmazonプライムビデオだ。
そもそもは送料が有料になるのが嫌だからプライム会員になったのだが、そのおまけとしてAmazonプライムビデオも付いてきた。
当初は気にしなかったのだがテレビで動画が観られるのかとFire TV stickを買って使ってみた、おお!すげぇ!!これがほぼタダで観られるの!!と嵌った。
それからはAmazonプライムビデオでは観られない番組などを観るために、Hule、Netflix等にも加入した。月額1,000円程度なんだもんな。
そうなるとDVDソフトを買ったり、レコーダーやTV直結のHDDで一生懸命録画してデータを残すことがバカらしくなった。
オンデマンドなら予約の手間が要らないし、容量の残量を気にすることもないし、極端に言ったらどこでも観られるのだ。
勿論、これらのオンデマンドでは観られないものも有るが、いつか追加されるかも知れないし、そもそもそこまでみる時間がない。

その次はお試しで始めたAmazon Kindle Unlimitedだ。
最初は読みたい本が無いなぁと思っていたが、使っているうちに昔の今は入手できないマンガ等を見つけたのでこれは便利だとなった。
こちらも月額1,000円程度だし。

音楽に関してはApple Musicを既に使っていたのとラインナップの関係でAmazonには行かなかったが、アニソンはどちらも手薄なのでTSUTAYA DISCASに入会した。
買ってまでは聴きたくないけど、たまに聴きたくなるアニソンを聴くのに最強だなと。
こっちは月額2,000円くらいで、借りるものが無くなってきたのでそのうち辞めるつもり。
オンデマンドじゃないから入手まで時間が掛かるし。

まあそんなこんなでAmazonの戦略にすっかりやられて、物を持たずともオンデマンドで楽しめればいいじゃないかと執着心が薄れてきた。

問題はフィギュアなどだがそのうち興味が薄れてくるような気がする。





tag : コラム

ファンジン、同人誌、ミニコミ、リトルプレス。

初めて同人誌的なものを知ったのは雑誌「宇宙船」で、そこでは「ファンジン」と呼称していた。

その後、何が切欠か忘れたが「同人誌」、「ミニコミ」と言う言葉を知り、更にオシャレな感じの「リトルプレス」と言う言葉も知った。

それぞれどこが違うんだろう?
よく分からないので調べてみた。


【ファンジン】
コトバンクによると、ファンジンと言う呼称をするのは特にSF関係のものを言うそうだ。
そりゃ宇宙船ではそう呼称するよな。

こちらの記事「広告を見て初めてHMFを知った方へ」を見ると「ファン+マガジン」だから「ファンジン」と有る。
なるほど。
ただこちらはヘビメタのファンジンだからSFではないが、いずれにせよ米国発祥の造語の匂いがするね。


【同人誌】
コトバンクを見ると、元々は「同人雑誌(どうじんざっし)」、「同人雑誌(どうにんざっし)」と言ったようだ。
では「同人雑誌」を見てみると、
>同好の人びと(同人)が集まって執筆・編集・発行をする小説・詩・短歌・俳句などの文芸雑誌や評論雑誌。
とある。文学の匂いがする。
と言うことは一人で作ったら同人誌では無いのだろうか?


【ミニコミ】
またまたコトバンクより。
>用語そのものは制度化・企業化したマス・コミュニケーションの反対語として,1960年の安保闘争のなかで生まれた和製英語である。
おお!そもそもは反体制の出版物なのか。なるほど。言われてみればそんなイメージがある。
模索舎がメインで取り扱っているイメージ。
広く捕らえればWebで発信する文章などもミニコミだな。


【リトルプレス】
こうなりゃ全部、コトバンクで行こう。
>少部数で発行する自主制作の出版物。
これが一番、広い意味がある。
上記全て含めて(出版物なら)リトルプレスだ。



独断で、ざっくりまとめると、
自費出版の少数発行物はリトルプレスと言っておけば間違いない。
SFジャンルにおいてはファンジンって言った方が格好良いかも知れない。
反体制ならミニコミだぜ!
一般の人に伝わりやすいのは、本来の意味からいうと含まれないものも有るけど同人誌って呼称。
って感じかな。




tag : コラム

「もつ焼き ウッチャン」と「もつ焼き でん」。

「もつ焼き でん」は「もつ焼き ウッチャン」の元店長が作った店である。

「もつ焼き ウッチャン」は際コーポレーションが経営している。

と言う話が食べログの口コミや個人のブログ等で流れている。
メニューがほぼ同じなので、関連が強いのは間違いないだろう。

しかし、
「ウッチャンの店長が店を際コーポレーションに売却して、でんを作った」
と言う説や、
単に
「(際コーポレーション経営の)ウッチャンから店長が独立して、でんを作った」
という説があり、どちらが本当なのか気になるので調べてみた。

新宿思い出横丁、真ん中あたり。もつ焼きウッチャン。
>新宿思い出横丁にある、「もつ焼き ウッチャン」。
>内田克彦さんが”もつ”に賭ける想いで出店。
>どういう経緯かは、こちら。
>そんなうっちゃんも開店して
>ちょうど一ヶ月が経ちました。

これの「こちら」のリンクが切れてしまっている。
ここが判明すれば一発で分かったはずなのに。


中島流がっつり和食と中村流こだわりハイボールが合体。
>この店を経営するT&T社は、際コーポレーションとカゲンが共同で運営している会社で、社名は際の中島武社長とカゲンの中村悌二社長の名前の頭文字から取っている。
>設立は2007年。1号店が同年12月に出店した三宿の小型餃子専門店「豆金餃子」、2号店が新宿思い出横丁の「もつ焼 ウッチャン」


おっとここに大ヒント。
際コーポレーションでは無く、際コーポレーションとカゲンが共同で運営しているT&T社が出店2号店として「もつ焼き ウッチャン」を出したと書いてある。
「もつ焼き ウッチャン」の開店日を調べてみると


岡田純良帝國小倉日記
>2008.09.08 Monday
>“思い出横丁真ん中辺り”――ウッチャン(内田克彦)の巻。
> ブギー・ボーイ・イクトさんと写真家の植田山月さんと3人で小田急ハルク前に集合。そしていきなり「思い出横丁」真ん中辺りの「ウッチャン」へ。「コ」の字型のカウンターは、「思い出横丁」に腰をせり出したようにしつらえてある。
> 開店したのは今年の7月10日だそうだ。

ふむふむ。T&T社、設立が2007年で、「もつ焼き ウッチャン」の開店が2008年7月20日と言うことは、最初からT&T社の経営で始まったと考えるのが自然だろう。

更に読み進めると

> 丁度、昨年の今頃、T君も面接に行った「紅虎餃子房」を経営する「際コーポレーション」の社長・中島武が独断で投資を決め、フード業界でも話題になった男――ウッチャンこと内田克彦44歳。

とある。
つまり中島武社長が内田克彦さんに投資をする形で始まったのが「もつ焼き ウッチャン」で、投資してもらった分をお返しして自らの経営でオープンしたのが「もつ焼き でん」と言うことか。

更に更に調べると


意気込み!? 心構え!? 商売とは!?
>ある1億円出資を掛けたコンテストの一幕より・・・
>その中での 際社長と応募者のやりとり。
>~~中島社長ブログより一部転記~~
>15:00 「伝説の扉」最終選考発表会。
>5人の応募者が残った。

>「もつやき とくぞう」の内田克彦さん


「伝説の扉」?
それを調べたら


飲食業界の松坂探し”が始まった…”
>アクシュ・ネットが立ち上げた飲食店開業チャレンジャー発掘企画"「伝説への扉」プロジェクト発表の記者会見を覗いてきた。"
>「その企画に投資します!」という“マネーの虎”的なプロジェクトだ が、投資額が「1億円」とあって、センセーショナルな旗揚げではあった。審査委員は3人。その一人の際コーポレーション社長・中島武氏は

「トレンド」は悪なのか?
>9月3日、アクシュ・ネット主催で行なわれた、飲食店開業企画に“最大1億円を投資する”というイベント、「伝説への扉」の ファイナリスト発表会に顔を出した。4月にキックオフしたこのイベント、要はWEB版“マネーの虎”なのだが、バックの大手酒販会社の努力もあって全国か ら342企画の応募があり、その中からこの日は最終選考に残った5名の“ライブプレゼン”があったのだ。グランプリを獲得したのは、フードスタジアムの記 事で企画を知って応募したという25歳の富田將人氏。

とある。
内田克彦さんはグランプリは取れなかったようだ。
だが、中島武社長は投資をしたと言う事か。


まとめると

「もつやき とくぞう」の内田克彦さんが投資額が「1億円」の「その企画に投資します!」という“マネーの虎”的なプロジェクト「伝説への扉」にエントリーした。

しかし、グランプリは取れなかった。

だが「伝説への扉」の審査員の1人、中島武社長が独断で内田克彦さんに投資をする事を決めて、T&T社が経営する形で「もつ焼き ウッチャン」が始まった。

そして、後に内田克彦さんは独立し「もつ焼き でん」を始めた。

と言うことか。

「もつ焼き でん」は今では1号店のみならず複数店舗展開している。

つまり、内田克彦さんは自分の才能と努力で企業のバックアップをゲットし、結果として繁盛店を何店も経営する実業家になった訳だな。

サクセスストーリーだ。


tag : コラム

僕(なんて一人称、普段、使わないけど)が小説を読まなくなった訳。

別にあるブログも読んでいる人はお気づきだろうけど、やたら本を買っている割には小説を買う率は異常に低い。

元々、小学生の頃には小説も好きで、児童文学を読み漁っていた。
「チョコレート戦争」とか「モグラ原っぱの仲間たち」とか。

子供の頃は対象年齢ごとに作品のテーマが決まっている傾向もあり、小学校高学年になると誰かを好きになったとか友達が死んだとか、照れくさかったり嫌な気持ちになる作品が中心になったのでそれまでクラスを図書室利用件数1位にしようと、勝手に頑張っていたくらいなのにぴたりと読まなくなった。

読書は楽しみのはずなのに大人に、この年齢はこういうテーマのものを読むべきだと押し付けられるのが嫌だった。
同じ理由で太平洋戦争に関連した本やテレビを見せれるのも嫌だった。
興味が出たら自分で勝手に見るよって。

そんなこんなで小説の類は読まなくなり、そのまま成人した。

そうなると作り物の世界に入り込めなくなり、手にする文字だけの本はドキュメントとかサブカルとかその手のものだけになった。

マンガ、アニメ、特撮は、はなからフィクションだから気にならないけど、本だけは今でもフィクション物には興味があまり出ない。

兎に角、理不尽だと感じたら拒絶する性格なので、嗜好品を押し付けられたって感じた体験があったのがね。

そういう意味でマンガ、アニメ、特撮も他人に進められると見る気が無くなる。


tag : コラム

プロフィール

hizageri

  • Author:hizageri
  • 東京都城東地区出身・在住。
    昭和43年生まれ、フリーマン。
    ディズニーランドより秋葉原のほうが好き。
    居酒屋通いは平均、週に4.5日。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

訪問履歴
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ユーザータグ

鮮菜 町中華 秋元屋 中華そばみたか 光栄軒 高円寺 休肝日 四文屋 路麺 七面鳥 池ポ 徳萬殿 コラム 堀留屋 カーサ・ディ・シバタ うどん 昼ビー 同級生 船橋 鳥勝 入院 合合 銭湯 幸楽 荒川 二郎 まごころ厨房 長崎菜館 結構人ミルクホール 太陽 麺家きむら とくや 増やま 才谷屋 一平 ポンチ軒 しんば 中村屋 みたかや酒場 ふくよし 手長エビ 味楽 もつ焼きじんちゃん 十条 あきば 宝来軒 たきおか 呑者家 iPhone 孤独のグルメ 天王 魂ネイション アーモンド ラ・コパ はやふね食堂 晩杯屋 アンダー 上野 町中華探検隊 お山の大将 コタン 謎の女 プティコック タイイサーン ジャポネ ジンギスカン 国分寺 スーパーロボット魂 中野サンプラザ 資料性博覧会 アキバグルメ アミーゴ 斉藤由貴 からしや 華蔵 浦安 赤羽 サンボ 魂フィーチャーズ 本八幡 S.I.C 小岩 さくら 豊田屋 平井 元華 民華 青島食堂 万平 金ちゃん 中野 吉祥寺 西荻窪 川崎 通院 渋谷 美味しかったもの もつ焼きでん 浅草 ホープ麺亭 吉祥苑 アッサム 富士川食堂 馬越 ラーメン亭 コミケ 伸幸 猿会 天竜 南海 来集軒 斎藤酒場 ウズベキスタン わらび食堂 エンドレス トークショー 井乃上 洋食 博物ふぇすてぃばる 代一元 ビックラーメン まんてん ハルピン 大興 阿佐ヶ谷ロフトA 八広 S.I.C 太楼 ほりうち 方南町 豊洲 七福 先勝 交通飯店 宝楽 銀座 ジャンクガレッジ 新宿 西船橋 バッカス 池袋 キッチンABC 中華や キッチン早苗 えびす ジョジョ 味の横綱 グルコミ 丸五 レプタイル 夢の屋 買い物 藤九郎 紫苑 熊公 トークライブ モミジ 葛西橋 ニュー早苗 更科 じゅぼう 武蔵小山 ブラウニー 丸好酒場 根本敬 仙台や さんきち 高田馬場 大阪王将 加賀屋 あさひ 中華レストラン太郎  森口博子 エッセイ 神保町 有楽町 丸千葉 丸大ホール ロフトプラスワン 味利 キチムシ タカノ 十八番 宝家 CFワンタン 仮面ライダー 魚仁 遠州屋 荻窪 ウッチャン 千葉市 ワンフェス コクテイル 酒のほそ道 だるま 過橋米線 銚子屋 かんだ食堂 阿佐ヶ谷 タロー軒 中華タカノ 田や コウケツのグルメ 風間三姉妹 さぼうる2 一寸亭 新福菜館 新橋 鶯谷 丸松 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク